メキシコシティをお散歩

世界水フォーラムが終わり、メキシコシティでのんびりしています。
(フォーラムのレポートは、前の日記をご覧下さい)
ホテルは、ラス・ドス・フリーダスという、ソナ・ロサ地区に近いホテルにいます。
昔アーティストが住んでいた家をホテルに造り替えた、ちょっとおしゃれな場所です。
f0023941_12351595.jpg

今日は、近所を散歩しました。
服を買ったり、本を買ったり、「東京」という和食レストランでごはんを食べたり。
レストランでは「東京定食」というのを頼んだのですが、これがめっちゃ美味しかった!
124ペソ(約1240円)ですが、ごはん、肉じゃが、お刺身、てんぷら、焼き魚ミニ、玉子焼き、焼き鳥、香の物、デザートの果物がついていてボリュームたっぷり!
特に、お刺身に感動です。
今までにメキシコで食べたお刺身は冷凍ものばかりなのですが、ここのは生でした。
自称「刺身の味にウルサイ」私も、大喜びです。
店内はメキシコ人だけではなくて、中国人、韓国人らしき人達も来ていました。

この辺りには、韓国料理店や韓国食材店もあります。
ホテルへの帰り道、一軒の韓国食材店に寄りました。
f0023941_12364083.jpg

実は以前にも何度か来たことがあって、お店の人と仲良くなりました。
私の顔は、韓国の女性の顔に似ているそうです。
初めて来た時、韓国語であいさつされてドギマギしました。
店主の息子さんのエリックは私と同じ年。
日本のアニメが好きで、いつか日本に行ってみたいと言っていました。
彼はウルグアイで生まれて、その後メキシコにやってきたそうです。
顔の似ている私たちの共通言語がスペイン語というのも、なんだかおかしかったです。
そして、「メキシコシティは危ないと言われているけど、自分が気をつけていれば大丈夫だよ」なんてことを彼は力説していました。
キムチ味のラーメンや韓国版ポッキー(?)などを買ってお金を払うと、ケビンのお母さんが出てきて、ひとにぎりのアメと、こんにゃくのキムチ和え(名前忘れた)のような料理をくれました。
先日もそうやって、同じ料理をプレゼントしてくれたのです、売り物なのに。
実を言うと、「韓国や中国の人はみな、日本人に対して悪い感情を持っているのではないか」と少し怖かったのです。
だから、最初に韓国語であいさつされた時も、日本人でごめんなさいという気持ちになったのでした。
でも、このお店の人達は、とても親切にしてくれます。
水フォーラムでも感じたのですが、世界の人と友達になるというのは、本当に素晴しいことです。
友達になることは、平和への第一歩だと思います。
[PR]
by mangorico2 | 2006-03-25 12:33 | メキシコの旅
<< 空の旅2 第4回世界水フォーラムレポート1 >>