春の旅・1日目

春休みを利用して旅に出ました。
1日目 クリアカン→Los Mochis(ロス・モチス)

ロス・モチスは、クリアカンからバスで3時間走ったところにある町です。
ここは、チワワ太平洋鉄道の起点になっています。
これから乗るチワワ鉄道は、ここロスモチスを朝の6時(一等列車)と7時(2等列車)に出発します。
早い!!
ということで列車には、ロス・モチスの先にあるEl Fuerte(エル・フエルテ)という町から乗ることにしました。

ロス・モチスには友達が住んでいます。
バスターミナルに着くと、友達のJaviel(ハビエル)とDamina(ダミナ)とそのだんなさんが待っていてくれました。
なんと、今日はダミナの家に泊めてもらえるとのこと!
やった!

ハビエルとダミナと、それからハビエルの友人のPablo(パブロ)ともに、テレビ塔のある丘に登りました。
↓こんな塔がたくさん立つ丘
f0023941_7194549.jpg

30分くらいかけて、頂上まで歩きました。
帰る頃には、すっかり夕暮れ時。
f0023941_720226.jpg


夕食は、ダミナの家の近くの和食レストランへ。
ここには、sushiだけじゃなくて、中華料理やタイ料理もありました。
幅広すぎるぞ!和食レストラン!
↓おはしの使い方を教えるハビエルと、教わるダミナ
f0023941_7265241.jpg

ハビエルは去年から日本語を習っていて、日本の文化や和食が大好きです。
(ちなみにハビエルの日本語の先生は、クリアカン在住の日本人Iさん)
日本のアニメをきっかけに興味を持ち始めたハビエルは、大学のレポートで日本についてとりあげたり、和食を自分で作ったり、インターネット上のハンドルネーム(あだ名みたいなもの)を『死神』とつけたり、日本にハマっています。
一緒に丘に登ったパブロも、Monterrey(モンテレイ)という町で7年も日本語を習っていて、日本が大好き。
日本っていいよね~と言ってもらえて、とても嬉しいです。

私が彼らに、「日本ではお米はとても大切で、一粒でも残したら怒られる」と教えると、きちんと、一粒残らず食べてくれました。
一粒ずつお米をつまみあげるのは、かなり大変そうでした。
[PR]
by mangorico2 | 2006-04-15 21:52 | メキシコの旅
<< 春の旅・2日目 ラバデラとラバドラ >>