サボテン

f0023941_11334541.jpg

メキシコだからといって、そこら中にサボテンが生えているわけではない。
メキシコでのサボテンの位置づけ・・それは『砂漠に勝手に生えているもの』
注:かなり強引な定義づけです
日本ではサボテンのある家やお店はおっしゃれ~な感じだけど、メキシコでは家にサボテンを植える人はいない!
再び注:かなり決め付けています
トゲトゲがあって、めったに花をつけないサボテンより、ピンクや黄色や白の可憐な花をつける植物のほうがカワイイに決まっている!
もしくは、ライムとかマンゴーとかオレンジとかバナナとか、おいしい木のほうが絶対にイイ!

と、いうわけで、上の写真はロス・モチスの植物公園(シナロア公園という名前)にて撮影。
右端に写りこんでるのは、案内してくれたハビエルです。
妹がメキシコに初めて来て、「サボテンがない!!」と驚いたのを思い出しました。
町なかに、普通にあるわけじゃないんです・・。

先日の旅の様子を追加しました。
見てね。
春の旅・2日目
[PR]
by mangorico2 | 2006-04-28 11:32 | クリアカン
<< 太っ腹! 車からのお願い >>