春の旅・4日目 渓谷ツアー編

セロカウイ村から、渓谷を見渡せる展望台まで行くツアーが出ています。
ガイドのRaul(ラウル)さんと、朝の8時から出発!
前日、泊まっているホテルのおじさんが私に、
「渓谷を案内するよ。朝食付で700ペソ、どう?」
と言いました。
「高っ!!」と思ったので、アメリカ人観光客でいっぱいのホテルでもツアーをやっていないかと思い、聞きにいきました。
すると、こちらは15人くらいのグループになりますが、ひとり300ペソとのこと。
それに申し込もうかなあと思っていると、『ガイドします』という看板を見つけたのでそこでも聞いてみました。
すると、「プライベートガイドなら、400ペソだよ」と言われました。
それで、400ペソで個人ガイドしてくれるならそのほうがいいなあと思い、彼、ラウルさんにお願いしたのです。
車は土ぼこりをあげながら、山道を登っていきます。
20~30分ほど走ると、私が滞在しているセロカウイ村を見渡せるところにきました。
f0023941_8643.jpg

さらにどんどん登ります。
この辺りには松やオーク(こなら)の木が多く、松は27種類、オークは17種類あるそうです。
ラウルさんは、pino apache(ピノ・アパッチェ、アパッチ松)という松を教えてくれました。
大きくて、30cmほどの長さの葉をつける松です。
チワワ州には、タラウマラという先住民の人たちが住んでいるのですが、彼らはこの葉を使ってかごを編んだり、木彫りの人形を作ったりするそうです。
そんな話をしていると、タラウマラの家族が住む一軒の家を見つけました。
道の途中に一軒だけ、ぽつんと建っていました。
f0023941_8183752.jpg

その目と鼻の先のところに、ラウルさんは車を止めました。
崖のくぼみに、小屋のようなものが。
何だろう?と思っていると、さっきの家から男の子が2人走ってきて、小屋の扉をあけました。
f0023941_8204812.jpg

6畳ほどの広さの小屋の中には、手作りのかごや木彫りの人形が。
おみやげ屋さんのようです。
あの松の葉で編んだかごが、小さいものから大きいものまでたくさんあって、とてもかわいい。
小さいものを2つ買いました。
ここは、もともと住居だったそうです。
天井が黒くなっているのは、火を炊いた時のすすがついているからだそう。
中の写真も撮ったのですが、暗かったためうまく写りませんでした。
残念。

車は、さらにさらに登っていきます。
こんな、水の湧き出るところがありました。
f0023941_8321486.jpg

乾季でも決して枯れることのない水。
水を含んだコケと、滴り落ちる滴を見て、土ぼこりばかりで乾いていた気持ちも潤いました。
水があるって、いいなあと思ったのです。

そこから15分ほど走ったところに、展望台がありました。
見下ろすと、真下にUrique(ウリケ)という町が見えます。
f0023941_839559.jpg

ウリケ川が流れています。
このウリケ川は、先日私が訪れたエル・フエルテのエル・フエルテ川に続いているそうです。
エル・フエルテ川は、農業の盛んなロス・モチスを潤す重要な川です。
ラウルさんは、「ウリケで雨が降れば、シナロアで水が飲めるんだよ。」と言っていました。
ウリケの日照りや、水質の変化は、シナロアの人にとっては他人事ではないのです。
そんなふうに、自然はつながってるんだなあ、と知ることが大事ですね。

ここの展望台でもタラウマラのおばさんがかごを売っていて、かわいかったのでまた、いくつか買いました。
それから、再びセロカウイ村に向かって戻りました。
また列車に乗って、Creel(クリール)という町を目指します。
[PR]
by mangorico2 | 2006-04-18 07:52 | メキシコの旅
<< 春の旅・4日目 クリールへ!編 春の旅・3日目 小さな村編 >>