夏だから2

夏だから冷たいものシリーズ、その2
f0023941_882744.jpg

これは、raspado(ラスパード)といいます。
日本でいう『かき氷』です。
クリアカン市内にはこのラスパード屋さんがいくつかありますが、夏になるとリヤカーに大きな氷とシロップを積んで売り歩く人も出てきます。
f0023941_8121091.jpg

この、白いまな板みたいなのが氷。
注文すると、カンナのような特別な器具で氷をかいてくれます。
おじさんが手にもっているのが、これ↓
f0023941_8201714.jpg

なんと我が家にもありました。
これを2つ折りにして、右側の歯のついている面を氷にあてて削ります。
中に氷がたまったら、パカッとひらいて、コップにうつしかえます。
f0023941_8261614.jpg

シロップは、果物をつけこんだ手作りシロップ。
パイナップル、マンゴー、もも、いちご、ライム、シルエラ(日本の梅に似た果物)、りんご、ココナッツなどがあります。
さらに、上から練乳をかけて食べます。
かなーーーーり、甘いです。
私のお気に入りは、さっぱりとしたライム味。
この前買ったお店では、その場でライムをしぼって、その果汁にシロップを加えて作ってくれました。
もちろん練乳はなし。
ラスパードは、ひとつ20ペソ(約200円)くらい。
決して安くはないですが、暑さに負けてついつい買いたくなってしまう。
特にダンスのクラスの後、のどが渇いているとき、ライム味のラスパードはとても美味しいです。
[PR]
by mangorico2 | 2006-06-23 08:06 | クリアカン
<< 扉のむこう 夏だから >>