メキシコシティにて

クリアカンでの1年が終わりました。
現在はメキシコシティにある、サンフェルナンド館という日本人宿に泊まっています。
クリアカンを出たのは、20日でした。
夜10時45分のバスに乗って、18時間も揺られて、メキシコシティに着きました。
1年間お世話になったクリアカンの家を離れる時は、とても寂しかったです。
ギリギリまで荷造りに時間がかかって、バタバタとお別れをしたのもまあ、私らしいと言えるかも・・。
「ここはあなたの家だから、いつでも帰っていらっしゃいね」というセニョーラの言葉。
また会うことはできるけど、あんなふうに一緒に暮らすことはないんだと思うと、悲しくなりました。
私を見ると飛びついて喜んでくれたベベ(ペットの犬)、迷惑なお客だったラティー(ネズミ)、『キョッキョッキョ・・』と大きな声で鳴くヤモリ、ちょっと油断すると甘いものに群がってくるアリたち。
あぁ、なんか生きものの思い出ばかりだな。
上着なしでは風邪をひきそうなくらい寒いメキシコシティで、クリアカンの暑さと、一緒に暮らしていた家族(生きものも含めて)を懐かしく思います。

でも、最近の夢には、家族や、高校時代の地元の友達なんかが出てくるのです。
寂しいと思いながらも、心の奥底では早くみんなに会いたいと思っているのかもしれません。
帰国は8月5日ですよー。
楽しみに待っててね!
[PR]
by mangorico2 | 2006-07-22 10:21 | 考え事・・
<< お寿司のはなし 線路は続くよどこまでも >>