<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

帰ってきました

クリアカンに帰ってきました。
メキシコシティに行っていた時の様子を、少しずつアップしていきます。
写真を中心に、ちらりとのぞいてみて下さい。

クリアカンに着いてビックリ!
めちゃくちゃ暑い!
メキシコシティもお昼は日差しが強く暑かったけど、クリアカンはさらに、湿度が高いのです。
まとわりついてくる暑さというか、息をすると器官を通って体の奥まで温められるような不快感。
これからさらに暑くなってくると思うと、気が重い。
どうやって夏を乗り切ったんだったかなあ・・。

↓久しぶりに部屋に戻ると、こんな格好で(パチモン)キティが待っていてくれました。
 見慣れてくると結構かわいい・・。
f0023941_1754420.jpg

[PR]
by mangorico2 | 2006-03-06 16:56 | クリアカン

Real del Monte

f0023941_1618497.jpg

hola!
私がいるのは、イダルゴ州のReal del Monte(レアル・デル・モンテ)という町です。
イダルゴ州の州都Pachuca(パチューカ)から乗り合いバスで20分ほどのところにある、この山あいの小さな町は、金や銀の鉱山で栄えました。
一言で言えば、スペイン人たちが建てたコロニアル様式の町並みなのですが、コロニアルで有名なグアナファトとはまた趣がちがいます。
グアナファトのような圧巻!の景色はありませんが、逆に小ぢんまりとしていて、静かで、心がなごむ町です。
何より素晴しいのは、道にゴミなどが落ちてなくて清潔なこと。
町の人達が、この町を愛しているのが伝わってきました。
f0023941_1629792.jpg

乗り合いバスの中で、隣に座ったおばさんに町のことを聞いていると、その隣のおじさんやおばさんも一緒になって、色々教えてくれました。
例えば、町の名物のPastes(パステス)というパイのような食べ物は、あそこの店がおいしいよ、とか。
↓パステス。具はじゃがいもと肉と青トウガラシ。他にも、じゃがいも、フリホーレス(豆の煮込み)、ツナ、モレ(数種類の香辛料とチョコレートをミックスした煮込み料理)、パイナップルなどのバリエーションがある。
f0023941_16465931.jpg

おばさんたちの話で印象的だったのは、みんな、レアル・デル・モンテという自分たちの町が大好きだということ。
「レアル(と略す)はホントに小さい町なのよ、道に迷うなんて不可能よ。」
「イダルゴ州もレアルも、メキシコの中で貧しいところなの。鉱山があったけど、スペイン人がみんな持って行っちゃったからね、なんにもないのよ。」
「でも、とてもきれいな町よ。」
「そうさ、とてもいい”国”だよ。」
小さいのよ、何にもないのよといいながら、顔はとても嬉しそうなのです。
そんなふうに和やかに時間は過ぎて、バスを降りると、楽しみにしていた通りの町でした。
f0023941_1741648.jpg

赤茶色のトタン屋根で覆われた小さな家々を見ていると、たしかに裕福ではないだろうなと思いました。
でも、町の人たちはみんな、レアルを愛している。
それが一番、素晴しいなあと思いました。
↓町の古い教会
f0023941_17133352.jpg

[PR]
by mangorico2 | 2006-03-02 16:16 | メキシコの旅