<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

曇り空のクリアカン

f0023941_923398.jpg

白黒写真ではありません。
今日の18時の空は、こんな色でした。
雨が降りそうです。
ついこの前までは、雲ひとつない天気が続いていて、雨なんか一滴も降らなかったのに。
最近は、朝と夕方は、雲が空を覆っています。
そして、夕方過ぎから雨が降り始めることが多いです。
雨が降ると、必ず土砂降りです。
今までは、夕方5時から洗濯を干しても1時間後にはカラッと乾いてたのに・・。
カムバック太陽・・。

今日、バイオリニストの小澤真智子さんが、ニューヨークに帰りました。
真智子さんはニューヨーク在住ですが、昨年の夏からシナロア州オーケストラにコンサートマスターとして在籍されていました。
私とエドと、エドの友達のダンテは、真智子さんファンクラブ・クリアカン支部(勝手に作った)のメンバーで、毎週コンサートに行っていました。
真智子さんは再び活動の拠点をニューヨークに移され、私たちファンクラブ会員はとても寂しいです。
(そういう私も、もうすぐクリアカンを離れるのですが・・)
真智子さんの引越しの手伝いと観光を兼ねて、日本からご両親が来られていました。
なんと、真智子さんのお父さんは、インターネットで真智子さんの情報を検索していて、このブログを見つけて下さったそうです!
お母さんからは、「いつも楽しみにしているのよ。真智子がいなくなっても、これからも読ませてもらいますね。」とのお言葉を頂きました。
とても励みになる言葉です。
読んで下さって、こちらこそありがとうございます。
[PR]
by mangorico2 | 2006-06-30 09:23 | クリアカン

夏だから3

クリアカンはもう、ほんとに暑いんです。
まあ、日本だって夏は暑いのですが、日差しの強さはやはり比べ物になりません。
じっとしていても汗がふきだしてくるし、太陽に頭を焼かれてくらくらしてくるし、水を飲んでも飲んでものどが渇いているし、ぐったりします。
その上、お店の中や学校は冷房がききすぎていて、その温度差にまたぐったり。
今日はちょっと頭が痛くて、風邪をひきかけているみたいです。
気をつけなきゃ。

そんな、いやーな夏ですが、夏だから、っていう良いこともあります。
アイスがおいしいというのもありますが、夏はやっぱり果物の季節です。
我が家のライムも、たわわに実をつけ始めました。
ふと気づくと、ライムの重みで枝がしなっていたのです。
f0023941_15194689.jpg

こんな、緑色のライムが、みんながイメージするライムだと思います。
私も、ライムは緑色だと思っていました。
でも、ライムは熟すと黄色くなるのです。
まだ青いまま収穫するのは、みんな酸っぱい味が好きだからだそう。
我が家では、ライムが熟して落ちるのを待ちます。
ライムの木は私の部屋のまん前にあるので、ポト、ポト、と落ちる音が聞こえます。
ライムの皮は強いので、地面に落ちても潰れたりしません。
f0023941_15285029.jpg

よく熟れたライムは、緑色のライムよりもほんのり甘い。
夏が来るからこそ、おいしいライムが食べられるんだなあ。
そう思うと、暑さもなんとか、乗り越えられそうです。

↓前に書いた、ライムに関する話題です。ライムの花が見られます!
ライムにまつわるエトセトラ
[PR]
by mangorico2 | 2006-06-25 15:12 | クリアカン

扉のむこう

f0023941_15342861.jpg

扉を開けるとそこは夕暮れだった。
(トンネルをぬけるとそこは雪国だった by川端康成)

庭に続く、すこし重い扉を開けると、こんな夕暮れでした。
少し暑さもやわらぐ、午後8時です。

クリアカンは、梅雨入りならぬ『雨期』入りしたようすです。
ぱらぱらと雨が降るようになりました。
乾いた土地が潤って、みんながたっぷり水を使えて、作物が豊かに実るといいなあと思います。
[PR]
by mangorico2 | 2006-06-24 15:33 | クリアカン

夏だから2

夏だから冷たいものシリーズ、その2
f0023941_882744.jpg

これは、raspado(ラスパード)といいます。
日本でいう『かき氷』です。
クリアカン市内にはこのラスパード屋さんがいくつかありますが、夏になるとリヤカーに大きな氷とシロップを積んで売り歩く人も出てきます。
f0023941_8121091.jpg

この、白いまな板みたいなのが氷。
注文すると、カンナのような特別な器具で氷をかいてくれます。
おじさんが手にもっているのが、これ↓
f0023941_8201714.jpg

なんと我が家にもありました。
これを2つ折りにして、右側の歯のついている面を氷にあてて削ります。
中に氷がたまったら、パカッとひらいて、コップにうつしかえます。
f0023941_8261614.jpg

シロップは、果物をつけこんだ手作りシロップ。
パイナップル、マンゴー、もも、いちご、ライム、シルエラ(日本の梅に似た果物)、りんご、ココナッツなどがあります。
さらに、上から練乳をかけて食べます。
かなーーーーり、甘いです。
私のお気に入りは、さっぱりとしたライム味。
この前買ったお店では、その場でライムをしぼって、その果汁にシロップを加えて作ってくれました。
もちろん練乳はなし。
ラスパードは、ひとつ20ペソ(約200円)くらい。
決して安くはないですが、暑さに負けてついつい買いたくなってしまう。
特にダンスのクラスの後、のどが渇いているとき、ライム味のラスパードはとても美味しいです。
[PR]
by mangorico2 | 2006-06-23 08:06 | クリアカン

夏だから

クリアカンは毎日暑いです。
昼間は、40度以上あります。
8月にかけてまだまだ暑くなるらしい・・信じられん・・。

クリアカンは冬でも暖かい(時には暑い)ので、1年中アイスクリーム屋さんが繁盛しています。
(大好きなミチョアカーナなど)
さらに、この時期には、移動式の小さなアイス屋さんも登場。
最近とくに大人気なのが、BONICE(ボナイス)。
語学学校の前に、授業が終わるのを見計らってやってきます。
f0023941_12141987.jpg

青のつなぎを着た売り子さんたちは、小さなクーラーボックスにアイスをつめて、町を歩き回っています。
アイスというか、正確にはシャーベットですね。
細長いパックにつめられてあって、マンゴー、ライム、イチゴ、ブドウ味があります。
f0023941_1582162.jpg

これがなんと、2.5ペソ!!(約25円)
安っ!!
味もけっこうおいしい。
パックの端を切ってもらって、チューチューと食べます。
日本でいうと、チューペット(田辺では、チューチューと呼んでいた)みたいなかんじかなあ。
安いので、みんな一度に2つくらい買っています。

このようなパックにつめられたシャーベットは、クリアカンではとても一般的です。
バスに乗っていると、「ボリ~、ボリボリ~」といって、クーラーボックス片手に乗り込んでくる人がいます。
いかにも『家庭で作りました』という感じの、ビニールパックにはいったシャーベット。
ボリという名前らしいです。
袋のすみを歯でちぎって、チューチュー吸いながら食べている光景を、バスの中でよく見ます。

こうやってクリアカンの人達は、ムシ暑い夏を乗り越えるようです。
歩きながら、バスに乗りながら、ついついアイスを買ってしまう・・それも夏の楽しみかも。

※6月26日加筆
今日、でっかいペンギンがついた自転車でボナイスを売る人を発見!
思わず、「写真撮らせて下さい」と言ってしまいました。
で、タダで写真だけってのも悪いのでひとつ買うと、「3ペソだよ」と言われました。
値上がりしたようです・・。
f0023941_15104840.jpg

[PR]
by mangorico2 | 2006-06-22 12:12 | クリアカン

夏だなあ・・

f0023941_8252614.jpg

カテドラル横の広場で、友達を待つ間、ぽかんと空をながめた。
夏だなあ。

かなり長い間、更新をさぼっていました。
どうしたの?と心配するメールももらいましたが、とても元気です。
ただ、さぼっていただけです。
暑さのせい、ということにしておきます。
[PR]
by mangorico2 | 2006-06-21 08:24 | クリアカン