春の旅・4日目 渓谷ツアー編

セロカウイ村から、渓谷を見渡せる展望台まで行くツアーが出ています。
ガイドのRaul(ラウル)さんと、朝の8時から出発!
前日、泊まっているホテルのおじさんが私に、
「渓谷を案内するよ。朝食付で700ペソ、どう?」
と言いました。
「高っ!!」と思ったので、アメリカ人観光客でいっぱいのホテルでもツアーをやっていないかと思い、聞きにいきました。
すると、こちらは15人くらいのグループになりますが、ひとり300ペソとのこと。
それに申し込もうかなあと思っていると、『ガイドします』という看板を見つけたのでそこでも聞いてみました。
すると、「プライベートガイドなら、400ペソだよ」と言われました。
それで、400ペソで個人ガイドしてくれるならそのほうがいいなあと思い、彼、ラウルさんにお願いしたのです。
車は土ぼこりをあげながら、山道を登っていきます。
20~30分ほど走ると、私が滞在しているセロカウイ村を見渡せるところにきました。
f0023941_8643.jpg

さらにどんどん登ります。
この辺りには松やオーク(こなら)の木が多く、松は27種類、オークは17種類あるそうです。
ラウルさんは、pino apache(ピノ・アパッチェ、アパッチ松)という松を教えてくれました。
大きくて、30cmほどの長さの葉をつける松です。
チワワ州には、タラウマラという先住民の人たちが住んでいるのですが、彼らはこの葉を使ってかごを編んだり、木彫りの人形を作ったりするそうです。
そんな話をしていると、タラウマラの家族が住む一軒の家を見つけました。
道の途中に一軒だけ、ぽつんと建っていました。
f0023941_8183752.jpg

その目と鼻の先のところに、ラウルさんは車を止めました。
崖のくぼみに、小屋のようなものが。
何だろう?と思っていると、さっきの家から男の子が2人走ってきて、小屋の扉をあけました。
f0023941_8204812.jpg

6畳ほどの広さの小屋の中には、手作りのかごや木彫りの人形が。
おみやげ屋さんのようです。
あの松の葉で編んだかごが、小さいものから大きいものまでたくさんあって、とてもかわいい。
小さいものを2つ買いました。
ここは、もともと住居だったそうです。
天井が黒くなっているのは、火を炊いた時のすすがついているからだそう。
中の写真も撮ったのですが、暗かったためうまく写りませんでした。
残念。

車は、さらにさらに登っていきます。
こんな、水の湧き出るところがありました。
f0023941_8321486.jpg

乾季でも決して枯れることのない水。
水を含んだコケと、滴り落ちる滴を見て、土ぼこりばかりで乾いていた気持ちも潤いました。
水があるって、いいなあと思ったのです。

そこから15分ほど走ったところに、展望台がありました。
見下ろすと、真下にUrique(ウリケ)という町が見えます。
f0023941_839559.jpg

ウリケ川が流れています。
このウリケ川は、先日私が訪れたエル・フエルテのエル・フエルテ川に続いているそうです。
エル・フエルテ川は、農業の盛んなロス・モチスを潤す重要な川です。
ラウルさんは、「ウリケで雨が降れば、シナロアで水が飲めるんだよ。」と言っていました。
ウリケの日照りや、水質の変化は、シナロアの人にとっては他人事ではないのです。
そんなふうに、自然はつながってるんだなあ、と知ることが大事ですね。

ここの展望台でもタラウマラのおばさんがかごを売っていて、かわいかったのでまた、いくつか買いました。
それから、再びセロカウイ村に向かって戻りました。
また列車に乗って、Creel(クリール)という町を目指します。
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-18 07:52 | メキシコの旅

春の旅・3日目 小さな村編

17日の日記は写真が多くて一つで収まりきらなかったので、こちらに分けました。
まだ鉄道編を読んでない人は、お先にそちらをどうぞ。

さて、Bahuichivo(バウイチボ)駅に着きました。
ここは小さな村で、ホテルはないそうです。
そこで、ここから車で40分くらい走った、cerocahui(セロカウイ)という村まで行きます。
バウイチボ駅で降りた多くの人が、セロカウイなど近郊の村まで行くようです。
乗り合いバス(普通のバン)を見つけて乗り込んだ私に、一人のおじさんが近寄ってきました。
「俺はホテルをやってるんだけど、うちに泊まりにこないか?それなら、ホテルまでのバス代は取らないから」
値段を聞くと、一泊300ペソと悪くない料金でした。
どんなホテルか分からないけど、セロカウイは小さな村でホテルも少ないようなので、このおじさんについていくことにしました。
セロカウイには、アメリカ人観光客が多く泊まる良いホテルもあるのですが、そこは高そうだったのでやめました。

おじさんの車は土ぼこりだらけで、お世辞にもきれいとは言えません。
しかし、その原因は舗装されていない、乾燥した道路。
対向車をやり過ごすたびに、大量の土ぼこりが舞い上がります。
後ろを振り返ると、この車もまた土ぼこりを上げています。
これじゃ、洗っても洗っても、だなあ。
また道中、おじさんの娘さんの車とすれ違いました。
他の村に洗濯をしに行くようです。
曰く、
「セロカウイには水がほとんどないんだ。特に今みたいな乾季の時には全く雨が降らないからね。こうして洗濯はよそでやっているんだよ。あ、心配しないで。ちゃんとお客さんがシャワーを浴びるための水はあるからね。でも、使う時以外は元栓を閉めているから、使いたい時は声をかけておくれ。」
私は今まで、水がないという状況を体験したことがありません。
その時はへー・・というくらいに聞いていたのですが、水がないって大変です。
水道の元栓を閉めているので、トイレの後、手が洗えない。
かろうじてトイレの水はタンクにたまってある分で流せました。
歯を磨く時も、炭酸飲料で口をゆすいで、最後にミネラルウォーターで洗い流しました。
(ミネラルウォーターが少ししか残ってなかったので)
私が「水がないって大変」なんていうのは、本当の意味では大変ではないと思いますが、それでも水のありがたみを感じました。
f0023941_16125827.jpg

セロカウイは農村のようで、畑や牛を放牧しているのを見かけました。
しかし今は乾季で、土地は乾いています。
f0023941_16295792.jpg

ホテルからセントロまでは徒歩で15分ほど。
上のような景色を眼下に見ながら、くねくね道を歩きます。
車が通るたび、例の土ぼこり。
ひえーほこりだらけになる!!
・・・なりました。
f0023941_16152644.jpg

これは町の教会です。
どこかの家の鶏が迷い込んだのか、中をウロウロしていました。
セントロには、教会と小さな広場、アメリカ人観光客でいっぱいのホテルが一つと、数件の食料雑貨店があるだけでした。
レストランがあれば何か食べようと思っていたのですが、残念ながらありませんでした。
本当に小さな、田舎の村です。
セントロには、チワワ州に住むタラウマラという先住民の子供たちの学校がありました。
私が訪れた時は休暇中で、そこで子供たちの姿は見かけませんでした。

今まで「田舎暮らしっていいな~」なんて言っていたけど、ほんとの田舎ってこういうものなのかなあ。
ケイタイの電波は入らず、電話をかけたいと思っても公衆電話がない。
たくさんの不便とともに、厳しい環境で暮らすのが、田舎暮らしでしょうか。
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-17 15:46 | メキシコの旅

春の旅・3日目 鉄道編

出発 El Fuerte(エル・フエルテ) →到着 Bahuichivo(バウイチボ)

いよいよ、チワワ鉄道の旅が始まります。
エル・フエルテ駅に朝の9時半に到着。
朝ごはんをとる時間がなく、駅の周りや中に何かあるだろうと思っていると、見事に何もない!
駅という建物は、小さな待合室のみ。
駅の周りを見回すと、一軒の食料雑貨店を発見。
中にはおじいさんがひとり。
薄暗い店内に、ホコリをかぶった商品が少し。
ちょっとひるんだけど、お腹がすいていたので、大手メーカーのクッキーと缶ジュースを購入。
駅に戻って、電車を待ちます。
私と同じように電車を待つ人が30人ほど。
誰も、何時に電車が来るのか知りません。
だいたい10時頃だそうで、みんなひたすら待ちます。
私も待ちます。
f0023941_15184240.jpg

外には、電車の行程を示す看板。
山の中を越えながら、チワワを目指します。
↓これは、各駅の高低をあらわした物。
f0023941_15215445.jpg

高いところで約2400kmです。
崖の上を走ったりするのかな?危なくないかな?とちょっと心配。
そうこうしていると、電車がやって来ました。
f0023941_1525911.jpg

車掌さんの指示にしたがって、客車に乗り込んでいきます。
客席はこんな感じ。
車掌さんの衣装が時代がかっていて素敵です。
電車の中で、切符を買います。
f0023941_1527650.jpg

電車には一等車とニ等車があって、私が乗ったのは二等車です。
一等車はシートがもっと快適で、食堂車があり、小さな駅には止まらないので、各駅に早く到着します。
しかし、値段は2等の倍です。
f0023941_15461421.jpg

窓からは、こんな切り立った山の風景が見られます。
客車の窓は開かず、みんなデッキに出て、写真を撮ったりビデオを回したりしていました。
そんなこんなで2時半頃、目的地のバウイチボ駅に着きました。
*つづく*

<地球の歩き方情報>
チワワ鉄道はシナロア州のロスモチスを出発して、チワワ州のチワワまで行きます。
電車は上りと下りが1日に2本ずつ。(一等と二等)
一等は朝の6時に出発し、終点に着くのは夜の10時25分。
二等は朝の7時出発で、到着は深夜1時30分です。
料金は、チワワまで行った場合一等が1319ペソ(約1万3190円)、二等が660ペソ(約6600円)です。
1日乗り続けて終点まで行こうとすると、18時間30分の超・長旅!!!
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-17 15:11 | メキシコの旅

春の旅・2日目

ロス・モチス→El Fuerte(エル・フエルテ)

エル・フエルテという町にやってきました。
ロス・モチスからバスで2時間ほど走ったところにあります。
この町をチワワ鉄道が通っていて、駅があります。
ロス・モチスが出発駅ですが、朝6時発と7時発しかなくて早いので、私はこのエル・フエルテから列車に乗ることにしました。
同じようにここから列車に乗る人もいるようで、外国人観光客向けのおしゃれなホテルが2つありました。
↓展望台から見た町のようす
f0023941_1054070.jpg

展望台、と書きましたが、昔は町を守る見張り台だったそうです。
El Fuerte de Monte Carlos(エル・フエルテ・デ・モンテ・カルロス)という名前の見張り台の名前から、このエル・フエルテという名前がつけられました。
↓町の紋章(マーク)です。見張り台が描かれています。
f0023941_1057273.jpg

ここからは、ゆったりと流れるフエルテ川を眺めることができます。
このフエルテ川はロス・モチスへと続き、畑を潤します。
f0023941_1127996.jpg

シナロア州全体がそうですが、ロス・モチスは農業が盛んです。
ロス・モチスの丘に登った時も、広く続く畑を目にしました。
主要な作物は・・聞いたのに忘れました(^^;)
ロス・モチスの野球チームはcañeros(カニェロス)といって、『さとうきび農園で働く人』を意味しますので、さとうの生産はさかんだと思います。
(野球のチーム名について、昔ブログに書いたので、他のチームも気になる人はコチラ
豊かな水量の川、生い茂る緑を見て、嬉しくなりました。

展望台には小さな博物館もあって、エル・フエルテの歴史や文化を紹介していました。
この辺りには、yaqui(ヤキ)、mayo(マヨ)、yoreme(ヨレメ)という3つの先住民グループがあるそうです。
↓それぞれの伝統的な踊りを紹介。左から、ヨレメ、マヨ、ヤキ。
f0023941_11125568.jpg

ヨレメは、↓のような、動物の皮を使った仮面をかぶって踊ります。
f0023941_111446100.jpg

マヨは↓な仮面を正面にかぶらず(顔を隠さず)、頭の横や後ろにつけて踊るそうです。
f0023941_1116019.jpg

ヤキは、メキシコシティの民族舞踊のショーでも踊られる『鹿の踊り』で有名です。
頭に鹿の頭をつけて、雄の鹿が飛び回るようすから狩られるまでを表します。
この先住民の文化について知りたかったのですが、あまり詳しい説明はありませんでした。
メキシコの文化というと、中央高原やユカタン半島が中心で、メキシコ北部は割りと『何もなかった』かのように切り捨てられるのですが、きっとそんなことはないハズ!
もっとみんな調べよう!関心を持とう!
注:メキシコ人に向かって叫んでます
それとも、私が調べればよいのか?!

そんなこんなで旅は続きます。
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-16 10:32 | メキシコの旅

春の旅・1日目

春休みを利用して旅に出ました。
1日目 クリアカン→Los Mochis(ロス・モチス)

ロス・モチスは、クリアカンからバスで3時間走ったところにある町です。
ここは、チワワ太平洋鉄道の起点になっています。
これから乗るチワワ鉄道は、ここロスモチスを朝の6時(一等列車)と7時(2等列車)に出発します。
早い!!
ということで列車には、ロス・モチスの先にあるEl Fuerte(エル・フエルテ)という町から乗ることにしました。

ロス・モチスには友達が住んでいます。
バスターミナルに着くと、友達のJaviel(ハビエル)とDamina(ダミナ)とそのだんなさんが待っていてくれました。
なんと、今日はダミナの家に泊めてもらえるとのこと!
やった!

ハビエルとダミナと、それからハビエルの友人のPablo(パブロ)ともに、テレビ塔のある丘に登りました。
↓こんな塔がたくさん立つ丘
f0023941_7194549.jpg

30分くらいかけて、頂上まで歩きました。
帰る頃には、すっかり夕暮れ時。
f0023941_720226.jpg


夕食は、ダミナの家の近くの和食レストランへ。
ここには、sushiだけじゃなくて、中華料理やタイ料理もありました。
幅広すぎるぞ!和食レストラン!
↓おはしの使い方を教えるハビエルと、教わるダミナ
f0023941_7265241.jpg

ハビエルは去年から日本語を習っていて、日本の文化や和食が大好きです。
(ちなみにハビエルの日本語の先生は、クリアカン在住の日本人Iさん)
日本のアニメをきっかけに興味を持ち始めたハビエルは、大学のレポートで日本についてとりあげたり、和食を自分で作ったり、インターネット上のハンドルネーム(あだ名みたいなもの)を『死神』とつけたり、日本にハマっています。
一緒に丘に登ったパブロも、Monterrey(モンテレイ)という町で7年も日本語を習っていて、日本が大好き。
日本っていいよね~と言ってもらえて、とても嬉しいです。

私が彼らに、「日本ではお米はとても大切で、一粒でも残したら怒られる」と教えると、きちんと、一粒残らず食べてくれました。
一粒ずつお米をつまみあげるのは、かなり大変そうでした。
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-15 21:52 | メキシコの旅

ラバデラとラバドラ

ラバデラ(lavadera)とは洗濯場のこと。
ラバドラ(lavadora)は洗濯機のことです。
↓ラバデラ
f0023941_18711100.jpg

これは石造りで、右側に水をためておくスペース、左側に服を洗うスペースがあります。
服を洗うところは、奥に向かって傾斜がかかっていて、底には波模様がついています。
そう、これは固定式洗濯板では!?
↓Tシャツを洗うセニョール
f0023941_1895187.jpg

底一面にTシャツを広げて、石鹸をつけ、ブラシでごしごしとこすっています。
これはセニョールの洗い方。
汚れのきついものを洗う時のようです。

セニョーラが洗う様子を見ていると、普通の汚れの洋服は、この波波の上で服をもみながらリズミカルに洗っています。
我が家には洗濯機がありますが、これを使うのは私と、大量の洗いものがある時のみ。
セニョーラはちょこちょこと、日々ここで洗っています。
曰く、
「どうも洗濯機だときれいに洗えているのか分からない。自分で手で洗ったほうがきれいになる。」
とのこと。
私はすっかり洗濯機に慣れているので、手洗いが面倒くさくてなりません。
黒いTシャツなどを別に手洗いする時は、洗濯機のまねをするように、タライに水と洗剤を入れて、手でジャブジャブともむだけです。
・・・結構テキトーです・・汚れ落ちてるかな?

先日、先輩のlafiestaさんのブログ洗濯板への道(岡山県鏡野町)を拝見して、そういえば身近にあったなと思い出したのです。
日本では廃れてしまった洗濯板ですが、このラバデラはどこの家にも必ずあります!
チアパス州から来て彼と二人暮らししているRocio(ロシオ)の家には洗濯機がなく、洗濯はこのラバデラonlyです!
たしかにあると便利なラバデラ。
よくラバデラの写真を見てもらうと、蛇口が右側にしかないのがわかります。
洗った服を洗い流すには、右側でためた水をくんで、左側に注ぐしかないのです。
蛇口をひねって水をかけて流す、ことに慣れていた私には、これも面倒に思えました。
でも、あらかじめ水をためておけば、使いたい量の水がすぐに汲めて、ストレスなく洗えることがわかりました。
次回は私も、波波でゴシゴシとやってみようと思います。

追伸:今日から旅行に行ってきます。
チワワ鉄道に乗ったり、あと、シナロア州の小さな町も訪ねます。
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-15 18:05 | メキシコ雑学

巡礼行列

セマナ・サンタ(聖週間)中の金曜日の今日、巡礼行列(Procesion・プロセシオン)が行われました。
この金曜は、イエス・キリストが十字架に架せられたとされている日で、捕らえられてから処刑されるまでの様子が再現されます。
大勢の人が見守る中、若者たち中心に演じられる、『劇』のような雰囲気で始まりました。
教会でまず、捕らえられたイエス・キリストの罪を、民衆に問う場面があります。
民衆は口々に、「キリストを処刑しろ!」と叫びます。
そして、イエス・キリスト役の人は十字架を担ぎ、道路に出て、町内を巡ります。
大通りを通るので、そのつど道路を一時的に通行止めにしていきます。
f0023941_17182365.jpg

イエス・キリストが歩いている間も、絶えず、
「うそつきめ!」
「偽りの王め!」
「はりつけにしろ!」
といったヤジが飛び、ムチが打たれ、石を模したものが投げられます。
↓当時の衣装を着た、役割を演じる人々
f0023941_1719629.jpg

大勢の人が、この巡礼行列の後をついていきます。
ところどころで主要な場面を演じながら、1時間ほど町内を練り歩いた後、再び教会に戻ってきます。
そこで、ついにイエス・キリストが十字架にはりつけにされる場面が再現されます。
f0023941_17192937.jpg

十字架の上のイエス・キリストは、何か言葉を叫んでいます。
今日は(今日も)とても日差しが強くて、暑かったです。
本物のキリストじゃなくても、十字架を担いで1時間も歩き回った彼はかなり疲労しているでしょう。
暑さ、のどの渇き、疲労、人々からのヤジ、はりつけの刑、そんな状況の中で、彼はどんなことを考えているんだろう。
私は、この大変な『役柄』を演じるのは、とても名誉なことなんだろうなあと考えていました。
ギラギラと照りつける太陽を受けて、ぼんやりとした頭で、彼は何を思っているんだろう。

ついにイエス・キリストは息絶えます。
私たちは地面にひざまづいて、お祈りの言葉を聞き、それを復唱します。
すぐ横で、涙を流している女性がいました。
私はキリスト教をよく知らないので、一緒に十字を切ったり、お祈りをしたりできません。
心から信じていない私がこの場にいることが申し訳なく感じて、まだまだ続きそうな現場を、そっと後にしました。

このような巡礼行列は、メキシコ各地で行われます。
中でもメキシコシティのIztapalapa(イスタパラパ)というところが大規模で有名です。
この日人々が集まるイスタパラパの丘ではつい最近、テオティワカンの月のピラミッド級の神殿があることが確認されました。
メキシコで1500年前の巨大ピラミッド発掘される
しかし、毎年大勢の人がつめかけるため、地上に出ていた部分はもう崩れてしまっているそうです。
また、現在も重要な宗教施設として使われており、教会や家も建っているので、それを壊して発掘するようなことはできないそうです。
残念に思いますが、過去と現在のどこで折り合いをつけるかというのは、難しい問題ですね。
スペイン人たちがメキシコを征服した際、メキシコ人たちが当時信仰していたものをすべて消し去ろうとしました。
宗教施設を破壊して、その上に教会を建てています。
だからメキシコシティには、まだまだ知られていない遺跡がたくさん眠っているのです。
長い長い月日を経て、キリスト教はメキシコの国教であるかのように浸透してきました。(国民の95%がカトリック)
しかし、スペイン人が持ち込んだままのキリスト教ではなく、古くからの信仰と融合したような形で残っているのです。
修道士たちは徹底的に『異教』を排除しようとしましたが、それは不可能でした。
今でも、キリスト教のお祭りの日に、古くから残る踊りを奉納したりするそうです。
実際に、タクイチャモナという村に行ったエドが、『仮面をつけてムチで打ち合う踊り』を見たそうです。
当時の布教者たちには不満の残る結果かもしれませんが、そうして融合してきたからこそ、今でも厚く信仰されているように思います。
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-14 17:17

ノー・肉・デー

「今日は、Pescado Sarandeado(ペスカド・サランデアード)を食べに行くわよ」
とセニョーラが言いました。
これは、炭火で魚を丸ごと焼いた料理だそうですが、まだ食べたことがありません。
でも何だかおいしそうなので、「はーい」と答えました。

その後、クリアカン在住の日本人Iさんから、「友人がシーフード食べに行こうって誘ってくれてるけど、行かない?」というメールが届きました。
先に家族と魚を食べることが決まっていたので、残念だけど断りました。

さらにその後、エドとチャットをしていると、
「あっ、これから家族とエビを食べるよ。また後でね。」
と書いてエドは去って行きました。

・・・なんだか、みんな魚介類を食べる日だなあ。
と、思ってセニョーラに今の出来事を話して、
「まるで、今日はシーフードの日みたいだね!」
というと、
「あら、今日はシーフードを食べる日なのよ。」
との返事が返ってきました。
わお!
イエス・キリストが十字架に架せられた金曜日と、その前日の木曜日(今日)は、肉を絶つ日だそうです。
セニョーラによると、今日はまだ食べてもいいけど、金曜日は絶対に肉を食べないそう。

そんなわけで、今日は家族に連れられてシーフードレストランにやってきました。
大きな道路沿いにあるレストランで、壁で店が仕切られていないオープンな雰囲気。
↓メニューの合間になぜか鹿の頭。
f0023941_1450911.jpg

前菜に、魚介類をライムとトウガラシにつけこんだものを頼みます。
f0023941_14524768.jpg

生のエビとゆでたエビ、生の貝柱、ゆでたタコ、それにキュウリとタマネギを和えています。
メキシコに来て、初めてタコを食べました!
それから、メキシコでは刺身のような生魚をたべることはありませんが、エビや貝柱、カキなどの貝類は生で食します。
メインは、真鯛を炭火で焼いたもの!
f0023941_14564737.jpg

真鯛を開いて、上にマヨネーズをベースに作ったソースを塗って焼き上げています。
ほくほくの身。
ソースもおいしい!
しかもこんな大きな真鯛、見たことない!
各自のお皿に取り分けて、トルティージャ(機械でプレスしたのではなく、手でのばしたものだった)にはさんで、トマトベースのソースをかけて食べます。
f0023941_1502068.jpg

この鯛がおいしかったのはもちろんのこと、魚を丸々いっぴき食べるのは久しぶりでした。
ほっぺのところの肉や目の下の肉をほじり出していると、なんか、生きものを食べているんだという感覚がよみがえります。
さらに、『私は魚を主食(ホントは主食とは言わないけど)にしている日本人なんだ』と再確認したり。
セニョールが親切に私に、「その、ほっぺたの肉がおいしいよ。」と言ってくれたのですが、
『ほほほ、誰に対しておっしゃっているのかしら。私を、魚を知り尽くしている日本人と知ってのことかしら。』などと心の中で言ってみたりしたのでした。
実際は私はそんなに魚に詳しくないのですが、妙なプライドが出てきたりして。
魚っていいなあ、おいしいなあ、それに、私にとってとても重要だったんだ。

今日は、キリスト教の行事のおかげで、思わぬところで魚を食べることができました。
ラッキー!
この30cmほどの真鯛料理は140ペソ(約1400円)でした。
鯛は高いし、あまり食べたことがなかったので日本での相場がわからないのですが、この値段は安いのでしょうか?高いのでしょうか?
大人4人で平らげました。
また食べに行きたいなあ♪
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-13 14:38 | クリアカン

春休みの過ごし方・その2

春休み3日目は、クリアカン在住のIさんと中華料理バイキングへ。
china-in(チナ・イン)という、中国人オーナーが経営するレストランです。
いつも私たちを見つけると、笑顔であいさつしてくれます。
日本と中国、すぐ近くにあって顔も似ている私たちの共通言語がスペイン語というのも、なんだか不思議な感じがします。
おいしい中華をたらふく食べて、いっぱいおしゃべりして、ちょっと買い物をしたりして、女友達っていいなあ・・なんて思った1日でした。
服屋さんでお互い試着して、「あ、それカワイイ!」なんて言い合うのは楽しいです。

今回の休みは2週間もあって、遠くに旅行に出かけたりするのに最適(どこも混んでるけど)なのですが、なんだか、のんびり過ごしたい気分なのです。
まだ、『メキシコシティから帰ってきたばかり』という気持ちになっているからかもしれません。
しかし、
せっかくの休み、旅に出ないわけにはいきません。
そろそろ旅の計画を立てないと!
今回は、『いきあたりばったり、チワワ鉄道沿線の旅』にします。
『チワワ鉄道・女ひとり旅』というタイトルも捨てがたいです。
いずれにせよ、愛らしいチワワ犬で有名なチワワまで行ってきます。
出発は、たぶん土曜日です。

↓近所で出会った猫(よく見ると奥にも猫が!!)
f0023941_14352479.jpg

[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-12 14:23 | クリアカン

春休みの過ごし方

春休み2日目です。
昨日の日記に書きましたが、この春休みは、キリスト教の大切な祝日です。
仕事等が休みなのは、この大切な日を家族で祝うためなのです。
しかし、
学校や仕事が休みとなれば、出かけたくなるのが人間の性(さが)!
このセマナ・サンタの時期はメキシコの旅行シーズンで、主要な観光地はどこもいっぱい。
もちろん、メキシコ国内からだけでなく、海外からもやってくるからですが。
シナロア州の観光地として有名なのは、海辺の町マサトランです。
私がステイしている家の息子さんも、今日からマサトランに遊びに行きました。
私の友達も金曜・土曜にマサトランに行くから、一緒に行こうと誘ってくれました。
シナロア中の人がマサトランに集結するのでは?!と思うくらい、みんなマサトランに行きます。
先週の日曜に家族と訪れたアルタータという海も、大勢の人です。
熱心なカトリック信者は、「こんな時に海に行ってハメをはずすなんて」と言いますが、まあ、仕方がないですね・・。

今日は、体育科に通う友人Joel(ホエル)の家で、カレーを作って食べました。
ホエルの家族や友達、近所のおばさんも交えて大人数で。
1箱と半分のカレーと約6合のお米がきれいになくなりました。
おいしいと言ってくれて良かった。
カレーはどこでも好評です。
その後、お抹茶を点てて飲んでもらったのですが、普段お茶というものを飲みなれてないメキシコ人には少々きついよう・・。
「・・・なんか、変な味。」
「・・・魚の味・・。」(魚が嫌いなホエルの感想。だから、お茶は植物だから!)
「・・・めっちゃ緑・・」
等々の感想が出ました。
チアパス州から来ている男の子JoseLuis(ホセ・ルイス)ひとりだけが、「おいしいよ」と言って2杯飲んでくれました。

その後ホエルの家を後にして、ショッピングモールFORUMへ。
エドとエドの友達たちと一緒に映画を見ました。
アイス・エイジ2という子供向けの映画で、期待していなかったんだけど面白かった!
メキシコ人みんなが大笑いしているところで笑えない(スペイン語わかんないんだもん・・)のがちょっと悲しかったけど。

こんなかんじで、春休み2日目が終わりました。
特に大きなことはしていないけど、友達にも会ったし、映画も見たし、休日らしい日だったかな。
[PR]
# by mangorico2 | 2006-04-11 13:59 | クリアカン